memo

落書き、つぶやきなど気の向くまま

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/07

製作過程1-ラフ/下書き-

以前言っていた「トガリ」の製作過程を
今更ですがのせてみます。
あくまで私の製作過程なので参考にはならないかと思います;
もっとこうしたら…とかアドバイスは大歓迎です(^^)

---------------------------------------

1.ラフ
rough.jpg
裏紙などにざっとラフを描きます。
今回は猛禽類と鷹匠の少女をイメージ。
眼差しと羽根となびく赤髪が描きたいな~とか考えつつ。
最初は横長の構図でしたが、
鳥の羽根を入れたくて縦長構図に変更。


2.下書き
sitagaki1.jpgsitagaki2.jpgsitagaki3.jpg

A4の無地ルーズリーフに下書き。
ルーズリーフは後で保存するのに便利ですが
A4ジャストの下絵では穴が邪魔になったりします;
資料を見たり、服装を考えたりしながら
書いては消しての繰り返しで固めていきます。


(補足)
sitagaki4.jpg
今回は使いませんでしたがモチーフが多い絵などは
それぞれを別の紙に書いてからスキャンしてPCに取り込み
イラストレータ上で拡大縮小して配置、合成して下書きを作ります。



スポンサーサイト

2011/05/07

製作過程2-トレース/下絵/マスキング-

3.トレース
trace1.jpg

トレーシングペーパーを重ね
マスキングテープでとめて
トレースします(左)。
トレースの時に鳥の角度と位置をずらしました。
水彩絵描きさんの中には下絵を見つつ
水彩紙に直描きするという方も多いようです。
私も直描きできる画力を身につけたいです…

trace2.jpg trace3.jpg
トレーシングペーパーの裏をB3鉛筆で塗りつぶして
表からもう一度下書きをなぞって
本番の水彩紙に転写します(左)
紙はアルシュ(極細目)。
筆圧が弱いためか、
いつもうっすらアタリ程度になります。
なので、もう一度絵を描き起こします(右)


4.平張り&マスキング
masking1.jpg
塗りに入る前に下準備。
紙のサイズ(ハガキ大)より大きいパネル(A4)に平張りします。
※水を使わずに四辺を固定するのを平張りと言うのだそうです。割と最近知りました。

鳥と人物を保護しつつ背景だけ塗りたいので
上からマスキングシートをベロンと被せます。
マスキングシートは粘着力のあるサランラップみたいなもので、マスキングテープより粘着力が弱いので紙を傷めにくいです。

masking2.jpgmasking3.jpg
デザインカッターで輪郭にそってシートを切ります(左)
ぐるっと切り抜いて鳥と人物をマスキングしました(右)

これで塗りに入ります。

2011/05/07

製作過程3-塗り-

5.塗り(準備)
nuri1.jpg

筆4種類、ティッシュ2枚、パレット、水バケツをスタンバイ。
絵の具はホルベインがほとんどです。


6.塗り(背景)
nuri2.jpg

背景を緑に塗ります。
平筆で水を全体にしいてから、柔らかい筆で滲ませます。木漏れ日の森っぽく、なるようにムラをつけて山吹色と緑(カドミウムイエローディープ/サップグリーン?)で塗りました。
乾いてからマスキングシートを剥がして
次は鳥と人物を塗ります。


7.塗り(鳥と人物)
nuri3.jpg
色の決まっている所、好きな所から塗り始めます。
鳥の影になる所に紫+セピア。
肌は赤+山吹(ローズマダー/カドミウムイエローディープ)を薄く。
今回は肌を白色人種のような肌色に見せたかったので、影は赤+山吹+紫で塗りました。黄色人種っぽくしたいor少し日焼けした肌のときは焦げ茶+黄土色で影を塗ります。

nuri5.jpg
極細筆でちまちまと模様を描いたり、髪を塗ったり。
髪は毎回試行錯誤です。
透明水彩は混色は3色までと聞いて
3色以内で混ぜるように心がけてます。

携帯電話で写真をとってみると
冷静に全体をつかめると聞いて、
時折写しては塗りが足りない所などを確認します。

肝心の?塗りをすっ飛ばしてすみません。
写真はあるものの、メモをとらなかったので何色混ぜたか分からないです。
ちょっとずつ塗り重ねているだけで、
特にテクニックがいるようなことはしてません(^^;

2011/05/07

製作過程4-塗りのつづき-

8.塗り(服)
huku3.jpg
色が決まらないまま塗り残していた服をつめます。

色や配置に迷ったらパソコンでシュミレーションしてます。
携帯で撮ってパソコンに転送、
Photoshopに取り込んで模様と色を試します。
紺と赤を試して紺に決定
(髪が赤なんだから当たり前なんですが;)

huku1.jpg huku2.jpg
先に青紫で服の影を塗ります。
細筆で黄→赤の順に模様を描き、他を紺で塗りつぶしていきます。

kansei.jpg
耳飾り、袖口の紐など細かい所をつめ、髪も濃い色を重ねました。
迷ったけれど女の子の目に白で光を入れました。
白を入れるとキラキラしすぎるのでいつもは入れないのですが、
今回は鳥の目と一緒に強い眼差しを出したかったので。

カッターで切ってはずし、周囲を切り落として完成です!


ここまでお付き合い頂きありがとうございました(^^)
(こそっと)アドバイスなどありましたら、ぜひお願いします。

こうしてみると、1枚の絵にも
過程がいっぱいあるんだなぁと
改めて思いました。

最後になりましたが、
差し上げ絵にもかかわらず製作過程を載せることを
快諾してくださった霞さん、ありがとうございます。

ホーム

Home

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。