memo

落書き、つぶやきなど気の向くまま

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017/05/05

ブータン旅行

ブータンに旅行に行って来ました。
「幸福度を重視する」とか「アントニオ猪木似のイケメン国王様と美しすぎる王妃様の国」とかざっくりした知識のままだったのですが、滅多に行けない国ということで人に誘われるままくっついていきました。

長くなるので追記で続きをどうぞ
paro_airport.jpg
【パロ空港】
ブータンへは直行便がないので今回は羽田→タイ、バンコクで乗り継ぎ→インド、コルカタ経由→ブータン、パロ空港 のルートで行きました。インドの平地から近づくにつれ段々山が多くなり、最後は山の谷間を縫うようにして旋回(怖い!!)しながらパロ空港へ着陸。なんだかすごい所に来てしまった感。

from_bus1.jpg
【マイクロバスの窓から】
空港を出るとツアーガイドさん&運転手さんと合流。マイクロバスで出発です。ブータンの観光は特殊で、観光は必ず全日程を事前に決めて提出し、現地のガイドさん&運転手さんが付かなければいけないのです。乾期の終わり頃だからか、パロ近辺はこうなのか分かりませんが、乾いた山肌と独特の建物(確か個人設立の寺院だった)が印象的。そしてとにかく山沿いをくねくね行く道に参加者の半分が車酔いしました。私も危なかった〜。

ladies.jpg
【女性用お手洗い】
インパクト強し!看板は公用語がゾンカ語&英語なので楽でした。

わんカード
【のら犬】
どこに行っても人のいる所には野良犬がいて、日中はずっと寝てる。写真は首都ティンプー。車のほうが避けると分かっているから、道のど真ん中で寝ているのもいてハラハラする。ガイドさんが「夜10時からは危ないので出歩かないで」というのでやっぱり平和な国でも首都は犯罪とかあるのかと思ったら「いえ、犬が…」とのこと。夜になると縄張り争いをはじめてワンワンキャンキャン吠えながら町中走り回るようです。鳴き声がすごいので寝付けなかった思い出。エサは犬が欲しがったら皆さんあげるそうです。痩せてる子もがっつくこもいなくて平和だった。


punaka.jpg
【プナカ・ゾン(寺院&宮殿&官庁)】
プナカは古都だそうで、日本で言う所の京都でしょうか。白い壁と細かな装飾が美しい建物

bee.jpg
【ハチの巣】
で、そのプナカゾンの軒下のハチの巣。仏教国なので殺生は禁止、当然ハチの巣も駆除したりしないようです。ガイドさん曰く「もしハチの巣が落ちたら、ハチミツとります」とのこと。

取りあえずここまで!また時間ができたら続きを書きたいと思います。
スポンサーサイト

≪ 青零し展ホーム新年のご挨拶 ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。